一人で参加し最後までやり抜いて取った合宿免許

18歳の頃に通っていた教習所では、MT車に慣れなくて結局中途退校した経験があります。
あの時は粘り強さが足りないと反省しています。
もっとやる気を出していればMT車に慣れたかもしれません。
時は経ち、免許の必要性を改めて感じるようになってきたので、また教習所に行こうと思いました。
そこで短期間で集中して取れる合宿免許を選んだのです。
これなら短期間で取れることと、諦めずに卒業まで行かなくてはならない強い意志が芽生えると思いました。
そして今回はAT車にしています。
現地に行ってまず感じたことは、見知らぬ土地が新鮮に感じられたことです。
これまであまり旅行をしてこなかったので、余計に新鮮に感じられました。
私は一人で参加したわけですが、寂しさなど感じません。
むしろこれからこんな広々としたところで2週間ほど暮らせると思うと、ワクワクしてきます。
送迎車で教習所へ移動し、適性検査や説明など終えた後、学科が始まりました。
一度通っていた私にとって学科で講義を聴くのは久しぶりです。
ほとんどの人にとって学科は初めてのはずであり、今回の合宿免許では、学科で講義を聴いた経験があるのは私くらいのものでしょう。
学科が終わったらいよいよ実技です。
実技も少し経験のあるはなんとなく走行可能になるまでの手順を覚えていました。
しかしながらほとんど運転したことがなかったので、コースを走行していても左に寄ったり、ブレーキのかけ方が荒かったりして大変でした。
色々大変でしたが、粘り強さが足りなかった私でも免許を取ることができ、参加して良かったです。